京都・花灯路 創作行灯デザインコンペ 2019 一次審査通過

Posted on 2019年12月14日

第12回 京都花灯路創作行灯デザインコンペ2019で、生活プロダクト領域2年次生3名の作品が一次審査を通過し、嵐山花灯路★1の期間中、中之島公園の会場で他の作品とともに展示されます。全国から159作品、海外から23作品(一般50、学生132)の応募があり、45作品が一次審査を通過しています。

一般と学生の区別がない全国区のコンペです。前期週1回の「3DCADと3Dプリンター」の授業で3DCADの講習を受け、設計と描画ができるようになりました。このコンペでは、Fusion360というCADで応募作品をデザインしました。設計後、素材と光を設定すると写真のようにリアルな画像を描き出してくれます。様々な技術を習得すると、表現の幅が広がり、より説得力のある提案ができます。誌面を借りて山口英樹先生の熱心なご指導に感謝いたします。

★1:嵐山花灯路は、期間中100万人前後が来場する大きなライトアップイベントです。
嵐山花灯路 2019年12月13日(金)~22日(日)17時~20時半

藤本真依さんの作品

糸井萌さんの作品

武田舞雪さんの作品


嵐山花灯路のホームページ

2016年の嵐山花灯路見学のページ