200703-3年次、木工ろくろ、塗装

Posted on 2020年7月4日


木工ろくろ(旋盤)と塗装の授業です。ろくろは、3班のうちの最初の班がだいぶできてきました。お椀の内側を削る人は、S字のツールレストを使います。

3Dプリンターの造形物にパテを施して塗装をする課題はオカリナをモチーフにしています。形態だけなので、音はでません。FDMの3Dプリンターで発生する積層痕を消して製品のように仕上げるプロセスを学習します。オカリナは、各自が事前に3DCADでモデリングして、3Dプリンターでプリントしています。もちろん、ろくろで作っているボウルも、3DCADで設計してから材料の計画をしています。デジタルとアナログの振れ幅が大きな生プロならではの課題です。

指導:木村健人講師


オカリナをCADでモデリングしているところです。

塗装しているところです。